2017/09/23

黒猫10周年


 今宵は、黒猫チェルシーの結成10周年記念3daysの中日。FINLANDSとの対バンライブ。FINLANDS良かった。真夏のフェスでも来ているというファー衣装なんて情報はどうも良いほど。シャープなギターポップ。黒猫との親和性はあるのかな。
 そして、黒猫チェルシー。3年ぶりに観たのだが、もともとレベルは高くて好きなバンドなのだが、いいーーー。素晴らしい。ドイツのKAVADARとのツーマンを願う。そして、ラウドパークに出て、度肝を抜いてやれというくらいの澤君のギター、いやがっちゃんのベース、宮田君のドラム。そこにがっちりとのっかる大知のまっすぐな歌。べた褒めします。
 アンコールの1曲は、彼らが生まれた1990年に発表されてジッタリン・ジンの『夏祭り』。案外に客層がイカ天世代っぽくってね。朝の連ドラの影響もあって、おばちゃん多いかも。それも良し!

あん


 映画『あん』。元ハンセン病患者と悩めるどら焼き職人、そして、家族との距離を感じている中学生を中心に物語は進む。静かな映像。その静けさが、優しさとともに、人間の差別意識を浮かび上がらせる。樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、そして、後半でもの凄い味付けを加える市原悦子、キャストも素晴らしい。劇場で観たかったな、と思っていたら、10月に目黒シネマでやるみたい。

春ねむり


 ひょんなきっかけ、というか、大好きな後藤まりこが復活してギターで参加しているというので、全く予備知識もなく買ってみた春ねむりの新作。いろんなサイトのプロフィールを見ると、ラップっていう触れ込みなんだけど、ラップちゃラップ。でも、後藤さんのボーカルスタイルにも似ているような。好きだな。ライブ、観に行ってみよう。

2017/09/22

ゼゼゼとベルハー


 THERE THERE THERES(旧ベルハー)の2ndシングル「There’s something behind先行販売ライヴ」@目黒鹿鳴館。CDに収録された3曲は、何だ? イタリアン・ロック、サイケ、ガレージ、テクノ?が交錯する3曲3様。1stシングルと続けて聴き、さらにベルハーを聴くと、進化というか変身の具合がよく分かる。いい。
 そして、ライブでは、ベルハー時代の曲もやるのだが、これもゼゼゼ流に昇華されている。帰りの電車で、ベルハーの楽曲を聴き直したが、全然違う。メンバーが違うので当たり前なのだが。おもしろいな〜。またライブに行きたい。

2017/09/20

『戦争のはらわた』


 サム・ペキンパー『戦争のはらわた』。必見、戦争が、どんだけくそつまらんかが、よく分かる。『ハクソー・リッジ』の正反対に位置する作品。ドイツ側から描いているのも、対置するロシアっていう設定も素晴らしい。

2017/09/19

戦争を知ろうとしない子供たち


 エミール・クストリッツア監督最新作『オン・ザ・ミルキー・ロード』。監督の作品を経験済みだと、まー分かるが、予告編との落差がすごい。ほんと、盛り上げて、盛り上げての、バッドエンドなんだけど、希望は残すというね。「平和だったら」「戦争がなかったら」。日本に住む私が感じ得ない日常が、ある国・地域。戦争は過去の記憶ではなくて、今そのものであることを思い知らされた。そして、戦争が「終わった」として、その後に、残された地雷、地雷、地雷。
 「戦争を知ろうとしない子供たち」にならないための作品。

2017/09/16

『アンダーグラウンド』完全版


 エミール・クストリッツア監督作品『アンダーグラウンド』(1995年)。監督の祖国旧ユーゴスラヴィアの50年にわたる戦争、内戦の歴史をブラックに、そして時にユーモアを交えて描いた感動作。昨年、恵比寿ガーデンシネマでの再上映を観て、ストーリー、映像、音に、衝撃を受け、そしてラストで涙。翌週に、また観に行って、そして、Blu-rayを購入し、いまも、たまに観ている。
 その『アンダーグラウンド』が、監督の新作『オン・ザ・ミルキーロード』の公開に合わせて開催されている特集上映『ウンザ! ウンザ! クストリッツア!』内で、再上映。しかも、完全版と銘打って、劇場版とは違うテレビ放映版6エピソードを2回に分けて一挙上映。前後編合わせて、5時間14分。
 初日の土曜日、鑑賞。素晴らしい。戦争、紛争、虐殺、難民、愛、裏切り。今の世界情勢を予見しているかのよう。

2017/09/14

4人組


 メンバーが増えたり減ったりすることで、お馴染みのThere There Theres(旧ベルハー)。5月以来にライブを観に来たが、一人減って4人。その時々の彼女たちの良さがあるのだが、唯一のオリジナルメンバー、カイちゃん、そして、もはや古株と言っていい玲奈は、安定的なのだが、芽衣、かりんが、素晴らしく成長していた。特に、芽衣は、旧メンバー朝倉みずほに迫るほど。かりんも、良いよ。メンバーが少なくなった分、誰が目立ったのかが分かりやすいしね。
 来週は、目黒鹿鳴館で、ニューシングルの発売記念。そりゃ、行くでしょ。

2017/09/13

人生はビジネスではない


 ジム・ジャームッシュ監督、the stoogesのドキュメンタリー映画『GIMME DANGER』。良かった。the stoogesの生い立ちや、葛藤がていねいに描かれている。でもね、ジム・ジャームッシュなわけで、そして、観客の前提が、the stoogesのファンなわけで、良い感じに破天荒なエピソードは省かれていて、もっと内面や家族の話などに描写の重点が置かれていたのも、好きなポイント。そして、the stoogesは名曲が多い。
 「音楽は人生、でも、人生はビジネスではない」というイギーの言葉が染みた。

2017/09/05

ルパン vs 複製人間


 『ルパン三世 ルパン vs 複製人間』MX4Dバージョン観て来た。けっこうシュールで、今の時世に合わない表現もあるが、発想自体は面白い。
 ルパンって、制作スタッフによって、作風がまったく違うのも面白いところだが、この作品を小学生のころ観たという事実が、実は一番の驚きだった。親、よく観に連れていったな〜。ちなみに、久留米の映画館だった。